転職 志望動機

転職をするとき、書類選考でも面接でも必ず聞かれるのが、志望動機です。
転職の場合には、これまでの経験やスキルが求められますし、またそれらを活用することが出来ます。
自分の能力や経験をアピールし、なぜこの会社を選んだのか答えられるようにしましょう。

いくら優秀であっても、志望動機がはっきりしていないと、よい印象を与えられません。

志望動機は、この会社でなければいけないという点を明確にしましょう。
自分のスキルや経験を、この会社でこそいかせるということについて話します。

また会社が希望する人材と、自分の能力や経験がマッチしていなければ意味がありません。
その点をアピールすると、プラスになります。

30代や40代の転職の場合は、即戦力として期待されています。
志望動機は、自分のやりたいことはもちろんのこと、会社にどれくらい貢献することができるのか、話すとよいでしょう。

20代であっても、ただ挑戦したいという気持ちが強すぎると、会社は学校ではないと受け止められてしまいます。




|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|